有馬道踏切へリベンジ


今日は午前中に用事がなかったため、朝早くに起きる必要はなかったのですが、前日に解除し忘れたアラームにより、午前7時に起床しました。(そんなに早くないか)

二度寝をしようか考えたのですが、窓の外を見てみると、感動するほどの快晴だったので、

「これは出かけないともったいない」

と思い、朝食を摂りながら、今日の予定をどうするか考え、とりあえず鉄道撮影をすることに決めました。

前日までは、今日撮影に行くことなど全く考えていなかったため、新たに撮影地を調べるようなことはしていませんでした。

私は、新たな撮影地を調べてから出かけるのにとても時間の要するタイプの人間なので、それは止めて、前回の撮影時に雨天だった有馬道踏切へ、晴れカットを撮りに行くことに決めました。

撮影地へ到着すると、天気も良く有名な撮影地であることから、先客が1名おられました。

キャパシティ的には2人での撮影も十分可能なため、ご一緒させていただきました。


2018/06/25 10:10 F6.3 SS1/1000 ISO-200 100mm

一発目は前パンの7000系7010F。

前パンは撮りにくいようなイメージでしたが、この有馬道踏切のS字カーブでは、むしろ前パンのほうが背景も程よく取り入れられていい感じに撮れるような気がします。


2018/06/25 10:16 F6.3 SS1/1000 ISO-200 100mm

二発目は「風」ラッピング(?)の1000系1002F。

最近の阪急はラッピング列車が豊富で、見ているだけでも楽しめます。

シャッタースピードを早めに設定していたので、LED方向幕はガッツリ切れています。


2018/06/25 10:19 F6.3 SS1/1000 ISO-200 84mm

三発目は8000系8000F。

少しズームが足りなかったと反省。

手持ち撮影だったから、という言い訳にも満たない理由ですが許してください。


2018/06/25 10:21 F6.3 SS1/1000 ISO-200 90mm

2200系から改番された6050号・6150号をもつ6050F。

この顔を見ると、無性に3300系と5300系が撮りたくなってきたので、午後の用事を済ませたあとは京都線でそれらを撮影することに決定。


2018/06/25 10:40 F6.3 SS1/1000 ISO-200 90mm

私の大好きなスヌーピーのラッピングが施された「スヌーピー&フレンズ号」1000系1011F。

と、ここで最初の方の写真と見比べてみると、少しずつ明るさが下がってきているような気がしてきました。

設定は全く同じなのになぜでしょうか。。。


2018/06/25 11:20 F6.3 SS1/1000 ISO-200 90mm

六発目は9000系9004F。

先に来られていた撮影者によると、この後に来る列車が5000系50週年のHMを掲出しているらしく、それをメインに撮影しに来たと仰っていたので、午後からの用事にもちょうど良い時間であったことから、私もその列車を撮影してから撤収することに。


2018/06/25 11:26 F6.3 SS1/1000 ISO-200 90mm

中盤辺りからなぜか焦点距離90mmで撮影していたので、すこし引き気味の写真となりました。

もう少し余裕をもたせても良かったのかなと反省。

ただ、何枚か納得の行く写真が撮影できたので、ひとまずリベンジは成功ということに。

午後の用事を済ませ、今度は京都線の南茨木 ― 茨木市駅間にある、奈良街道上三番踏切という踏切に向かいました。


奈良街道上三番踏切道

この踏切からは直線レール上を走る列車を撮影することになりますが、前パンの車両でも難なく撮影が可能な踏切であり、背景についても、住宅地こそあるものの、背の高い建物などは一切なく比較的スッキリしています。

また、この撮影地では日の傾く時間帯も順光となるため、夕日に照らされる列車を撮影することも可能です。

ここで3300系と5300系を中心に撮影を行ってから帰ろうという計画で、踏切に到着し、カメラのセットを完了させ、列車が来るのを待っていました。

しかし、何分待っても列車は一向に来ません。

「京都線ってそんなに本数少なかったか?」

とも思いましたが、阪急の大動脈路線のひとつなので、そんなことはありえません。

10分以上待っても踏切が鳴らないので、おかしいなと思い、ふとスマートフォンの通知を見ると、某列車運行情報アプリから

「阪急京都線 運転見合わせ」

という衝撃の文字が目に飛び込んできました。

「いや、つい10分前くらいまで普通に走ってたじゃないか!」

思わず叫びそうになりました。

南茨木駅に到着した直後に、正雀駅にて人身事故が発生してしまったのです。

これでは運転再開までに膨大な時間がかかると考え、京都線での撮影は断念しました。

大阪に住んでおり、この踏切へは1時間ほどでたどり着けるので、そこまで痛手を負うことはありませんでしたが、これがもし遠征先であった場合は、本当に発狂していたかもしれません。

ということで、次のリベンジの内容が決まりました。

阪急京都線で3300系・5300系を撮ること

です。

近いうちにリベンジに向かうと思いますので、ぜひ、次回の配信もお読み下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

#阪急 #有馬道踏切

© 2017 - 2019 Photrain.